携帯電話のルール決め

パンツの教室
北海道 十勝発
親子の絆が強くなる
とにかく明るい性教育【パンツの教室】インストラクター たかはし さおり です
 
ここ十数年で本当に便利になりました
携帯電話から始まり、
スマホやタブレット
IT音痴な私は取り残されるばかりです💦
一方、
今の子供たちは
ITネイティブと言われ、
生まれたときからスマホが身近にあり、
幼児でも巧みに使いこなします
 
緊急時の連絡手段や
一人での外出の時には
重宝する便利な道具も
使い方を間違えると取り返しのつかない
トラブルのもとに、、、
 
警察庁の発表によると
SNSに起因する事件の被害児童者数は
年々増加傾向にあり
H29年は過去最多の 1,813人 でした
この数字多いと思いますか?
それとも少ないと思いますか?

きっとこの数字は氷山の一角

実際の被害者は
この何倍いるのかなーと考えると、
ゾッとします

SNS被害の恐ろしいところは
一度、ネット上に拡散すると
完全に消去するのは不可能なこと

SNSで知り合った気の合う女の子
実際に会ったら男性で
体を奪われてしまった

彼に送った裸の画像
別れた腹いせに
ネットに流されてしまった

などなど。。。

 
信じられない!!
と思うような話が
ゴロゴロと転がっているんです

 
スマホとは切り離せないこの時代
その使い方を教えてあげられるのは
私達、親だけ!!
 
娘のウーノは現在6歳
スマホを持つことになるのは
もう少し先だと思いますが、
手渡すときのルールは
すでに主人と話し合っています
①これはパパのスマホです。料金はパパが支払っています。
パパがウーノ貸しているものです
②スマホの向こうにいる相手より、目の前の人のほうがずっと大事です
スマホを触っている時に話しかけられたら、置いて相手の目を見て話しましょう
③スマホは決められて時間、
決められた場所でしか貸せません
④壊した時、修理のお金は小学生の間はパパが払います。
中学生になったら、半分はパパが払いますが
もう半分はウーノが払うことになります
大事に扱ってください
⑤決して人を馬鹿にしたり
悪口を言ったり
書いたりすることに使わないこと
⑥勝手にアプリをダウンロードしてはいけません
課金もしてはいけません
欲しいものがある時は必ずパパかママに相談すること
⑦週に1回、スクリーンタイムで
どれくらいスマホを使っているかチェックします
⑧歩きながら、自転車を操作しながらスマホを触ってはいけません
必ず立ち止まってから操作しましょう
⑨知らない人と連絡をとってはいけません
連絡先を交換するだけでもだめです
⑩パスワードはママとパパが管理します
⑪位置情報をオフにしてはいけません
万が一の場合、
ウーノの身を守ることになるかもしれません
この雛形をもとに家族で話し合って
決めるつもりです
携帯電話を渡す前に
ルールについて
子どもとよく話し合うこと
携帯問題に限らず
日頃から
子どもと話をする環境を整えておくことの
重要性を感じています
 
我が子の笑顔を守りたい!
お母さんのそんな思いを全力でサポートいたします
 
「もっとパンツの教室について知りたい!」という方は
代表理事 のじま なみ先生のメルマガをお読みください
講座の受講を決める前にご覧になることを
オススメします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
10000人以上が読んでいる
教科書には載っていない
とにかく明るい性教育【パンツの教室】無料メルマガ
とにかく明るい性教育【パンツの教室】協会ホームページ
 
 

コメント