幼稚園でのリアルなトラブル

パンツの教室
北海道 十勝発
親子の絆が強くなる
とにかく明るい性教育【パンツの教室】インストラクター たかはし さおり です
 
保育園や幼稚園の集団生活の中では
たくさんのトラブルが起きます
 
子どもたちで解決できるものから
幼稚園を辞めるケースに
発展してしまうものも
稀にあります
 
私は性教育をお伝えする立場なので
性に関するリアルなトラブルを
お話したいと思います
 
性に興味があるのは
大人だけではありません
 
5歳までに80%の子どもたちが
「あかちゃんはどこからくるの?」
と性に関する質問する言われてますし、
自分のからだや
異性のからだの違いを不思議に思うことも
普通のこと
 
ある幼稚園に通っていたAくん
 
自分にはおちんちんがあるのに
女の子にはついていないことに疑問を持ちました
 
「女の子のお股はどうなっているんだろう?見てみたい!」
 
そう思ったAくんは
自分よりも小さい女の子Bちゃんを
先生から見えない廊下の隅に連れていき
 
「お股見せて。」と言って
Bちゃんのお洋服を脱がせてしまいました
本当は嫌だったのに
何も言えずに
Bちゃんは大事な水着ゾーンを見られてしまったのです
 
その数日後、Bちゃんは
「お父さんには言わないで」と言い、
お母さんにこっそり教えてくれたそうです
 
Bちゃんは
「怒られたらどうしよう」
「嫌われたらどうしよう」と
不安を抱えたまま
数日間、言えずにいたんですね
 
さて、このトラブルは
どうすれば避けられたでしょうか?
 
Aくんに悪気はありません
ただ、ただ知りたかっただけ
 

でもAくんのこの行動は
Bちゃんを深く傷つけてしまいました

水着で隠れる 水着ゾーン は
他人に見せても 触らせても いけない 
他人のを 見ても  触っても いけない

 自分だけの大切な場所
という考えを
しっかりと教えてあげましょう
 
知らないらなってしまう うっかり加害者
知らないからなってしまう 被害者
 
加害者にも被害者にもならないために、
お母さんが性教育の第一歩を踏み出してみませんか?
 
こどもの笑顔を守りたい!
お母さんのそんな思いを全力でサポートいたします
 
 
「もっとパンツの教室について知りたい!」という方は
代表理事 のじま なみ先生のメルマガをお読みください

講座の受講を決める前にご覧になることを
オススメします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

10000人以上が読んでいる
教科書には載っていない
とにかく明るい性教育【パンツの教室】無料メルマガ

とにかく明るい性教育【パンツの教室】協会ホームページ
 
 
 
 

コメント